Varde77 MAKE OVER

PARACHUTE PARKA

23.07.16 DELIVERY START

MAKE OVER について

ブランドを立ち上げるにあたり、オリジナリティを大切にしているので
まず、自分らしいやり方がどんなことなのか考えていました。
ブランド設立当初はフラッグショップの場所を
東京の祐天寺というローカルな街にし、深夜営業にしたこと。
古着屋のような雰囲気で、従来の古着屋がやっていないかたちで、
洋服のデザインを取り組むことを強みとしてスタートさせました。
Varde77というブランドは、フラッグショップで古着を扱っている以上、
古着のサンプリング的なことはしないと決め、
パターンからオリジナリティを追求することでブランドの強みとし、
約6年間で古着とのミックススタイルが定着してきたときに、
地方でVarde77を取り扱ってくれているお店には古着がないので、
Varde77として、本当に提案したいスタイルが地方では完成しないことに憤りを感じ、
何か新しいかたちで、古着をわかりやすく伝えていくことが出来ないかと考えるようになりました。
そこで立ち上げたのが、REVIVAL 90% PRODUCTS Varde77
このラインは90%古着を復刻しながら、
残りの10%をVarde77の解釈で改良を加えて製作するライン。
100%にしてしまうと、復刻みたいなものなので、
90%にすることで、ちょっとした足し引きをしながら、
古着をさらに着やすく、取り入れてもらいやすくしています。

ブランド設立から自身の中で、ずっと取り組んでいなかったことは何だろうという発想から
このMAKEOVERのリメイクラインの構想に入りました。
いろいろな洋服のデザインの経験をしてきた今だったら、10年前とは違う
新たな構想でMAKEOVERというリメイクのラインをスタートしても
力のあるアイテムが製作できるという思いで、今回が初登場となります。

ベースの古着の供給など、不安定な部分がある為
このMAKEOVERでは、例えばご予約してもらったとしても、生産できない可能性もあります。
納期もベースの古着に左右されることがあるので、確実な納品日付は約束できません。
ベースの古着によっては裁断方法や縫製方法を1点づつ変えないといけないので、
全く同じものになるわけでもありません。
古着によっては汚れや縫製のほつれ、いろんなリスクが考えられますし
リメイクを作れる職人に限りもあるので、生産数の限りがある場合もあります。

取り扱ってもらう店舗様や購入してもらうお客様には、上記のようなある程度の内情を、
ご了承を得て頂かなければ、販売ができないラインになります。
不安定なことにも楽しみを見出して欲しい、
そんな気持ちで立ち上げたもので信頼があっての新しい試みです。
不定期に発売してくことにはなると思いますが、楽しんでもらえたらと思います。


mo
s_MG_5208

PARACHUTE PARKA

NO.MO16AW-RS-PK01

COLOR : ONE COLOR

SIZE : ONE SIZE


空軍で使用されているパラシュート生地を見つけ、

ベースの色目・テープの素材や配色など

この生地を使った洋服という着想から、製作に至った一着。

パラシュートという、使用目的に裏打ちされた性質上、

比較的薄く軽量でありながら強度の高い生地になっています。

空気抵抗や、負荷に応じた強度を高める為、

生地自体に切り返しとテープが配されているので、

解体・再構築することで、シンプルなパーカのパターンでも、

特性のある印象に仕上げています。

一点一点、生地の裁断一によって生地のデザインが異なるので、

一点モノとしての個性も強くなります。


s_MG_5211
s_MG_5212
s_MG_5215

s_MG_5216
s_MG_5213

シーズンレスに、軽く羽織りやすく重ね着もしやすい。

アイテムとしては、非常に汎用性も高く

着用のしやすさ、コーディネートのしやすさをしっかりと体現しながら

生地そのものの面白さ、カッティングのアソート感

リメイクの良い意味での抜け感や、遊び心を気軽に楽しんで頂ける1枚です。

 

分かりやすい、簡単なリメイク技術ではできない

Varde77だからこその面白さを、是非手にしてみてください。


AIR CORDUROY SNAP SHIRTS

Next Project

See More